桃太ルーンの効率化と時間術を考えるブログ

2児の父であるM・Mが効率化と時間術を考える、そして節約術等も時には実践してみたりするブログです。

堀江貴文/『多動力』を読んで

堀江貴文さんの著書「多動力」を読みました。
 
これまでの社会では一つの事を、一つの事「だけ」をやり続ける・・・それが当たり前でした。
しかし現代においては収入面の変化や職種の多様化によりそんな常識が変わりつつある正に変換期であると感じました。
そんな現代でこれから重要だとされる力こそ
 
 
「多動力」
 
 
価値ある仕事とは自分でなくては提供出来ないものです。
 
他にない価値を提供出来る会社こそ他社との差別化が図られ、結果生き残っていく。
他の人が出来る事は任せてしまう。
その代わり自分にしか出来ない価値を提供し両者にとってのメリットが生まれる。
 
果たして今の自分はどうか?
 
誰でも出来る事に大部分の時間を取られ何も前に進んでいないのではないか?
後退さえしている気がする・・・。
そんな自問自答を毎日している。
 
それこそ毎日、この仕事は自分にはあっていないんじゃないか?と悩みながら。
僕は何かの才能があるわけでもない、それでも生きるためには働かなくてはいけない。
誤解しないで頂きたいのは、働く事は嫌いではないです。
自分には不向きと理解しつつもどこかで折り合いをつけてやっている。
 
そんな自分が嫌だ。
 
それでも音楽に出合って変わる事が出来た気がする。
まぁそちらの世界でもまだまだ結果が残せたわけではないが、これこそ自分にしか提供出来ない価値を生み出す事が出来る。
そう感じています。
 
この著書を読み、他人が当たり前とするもの、世間で常識とされるものに縛られる必要はないんだと思い知らされました。
この様な多様性のある時代だからこそ、グローバリゼーションに生きていっていいんだと心が軽くなった気がします。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多動力【電子書籍】[ 堀江貴文 ]
価格:1436円 (2017/10/3時点)